• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
美景紀行へ出かけよう!風車とチューリップのオランダ おすすめ観光スポット15選

一面に咲き乱れるチューリップと、運河沿いの風車が懐かしい美景の国オランダ。そのオランダで絶対見逃せないおすすめの観光スポットを凝縮しました! アンネゆかりの歴史の地でもあり、ハイネケンビールが生まれた地でもあるオランダは、都市ごとに異なる魅力の観光スポットを湛えています。 これを見たらきっとあなたも誰かにおすすめしたくなるはず!

このまとめ記事の目次

①キンデルダイク村 / キンデルダイク

風車が整然と並んでいる風景はまさにオランダの原風景で、オランダの風土を実感できます。真っ平な大地で、18世紀に建てられた19基の風車が、吹き渡る風を受けている姿に感動です。

出典:www.tripadvisor.jp

オランダといえば風車!典型的なオランダの風景のイメージにぴったりの場所です。

出典:www.nta.co.jp
建て横に流れる運河に沿って19機の風車が建ち並び、18世紀そのままの姿を見ることが出来る観光スポットです。田園地帯に建ち並ぶ風車群は、オランダを訪れたなら一度は見ておきたいおすすめの光景です。
風車の1階には、風車守が住む居間があり、当時の暮らしぶりを見学することもできます。
また、夏にはカナルクルーズやライトアップ、コンサートなどが催される一大観光スポットとなります。
ハイシーズンは7~8月で、19基の風車がしっかりと働いている様子を観察できるのでおすすめです。
【名前】キンデルダイク村
【オランダ語名】Kinderdijk
【アクセス】デルフト駅から25分でロンバルダイン駅下車。そこからバスで40分、キンデルダイクモレンケイド停留所下車
【営業時間】9時30分~17時30分
【料金】3.5ユーロ
【休日】11月~3月

②国立美術館 / アムステルダム

何度行っても、いつ行っても、見飽きることのない美術館です。できれば数日、無理なら1日たっぷり時間をかけてみましょう。

出典:www.tripadvisor.jp
1885年に国王の名によって作られた、オランダ最大の美術館です。レンブラントやフェルメールなど錚々たる作品が並びます。オランダには多くの美術館がありますが、1つしか行く時間がないならば、間違いなくここをおすすめします。
なお、入口まえのI amsterdamのモニュメントは記念撮影に人気の観光スポットとなっています。
【施設名】国立美術館
【オランダ語名】Rijksmuseum Amsterdam
【アクセス】ホッベマストリート駅から徒歩2分
【営業時間】9時~18時
【料金】17.5ユーロ
【休日】なし
  • Museumplein/Museumstraat 1 1071 CJ Amsterdam
  • +31 (0) 20 6621 440

③運河クルーズ / アムステルダム

アムステルダムは水上からの眺めが一番美しく、特に夜になって街の明かりが灯るころが最高です。アムステルダムの歴史を誇る家並みを探検するなら、運河クルーズがお勧めです。

出典:www.klm.com
オランダの首都アムステルダムは、アムステル川をダムを作って堰き止めたことが由来であり、その名の通り、市内には無数の運河が流れています。運河から見るレンガ作りの歴史的町並みは情緒に溢れ、はゴールデンカーブやマヘレの跳ね橋などの観光スポットも見て回れるおすすめのアトラクションです。

夜のキャンドルライトクルーズでは、ワインを傾けながら運河の夜景を楽しむことができます。
【名前】運河クルーズ
【アクセス】アムステルダム中央駅が発着駅
【営業時間】10時ぐらい~
【予算】13ユーロ~
【休日】なし

④アンネ・フランクの家 / アムステルダム

かつての少女も現代に生きる少女も、そしてかつての少年もいまの少年も皆が訪れてここに隠れ生きざるを得なかった人々の息遣いを知りたい場所。

出典:www.tripadvisor.jp
回転式本棚をくぐれば、そこはアンネ・フランクが2年間住んでいた歴史の舞台です。
表側の建物と、彼女たちが住んでいた裏の世界を区別するその回転扉が、戦争の悲惨さと狂気の歴史を物語ります。アンネは、アウシュビッツ強制収容所に送られ、その生涯を閉じました。

おすすめとは言うに忍ばれますが、戦争の過ちを繰り返さぬために、そして、オランダで起きた悲劇の歴史を知るために、必ず訪れたい観光スポットです。

なお、大変な人気ですので、朝一番で訪れることをおすすめします。
【施設名】アンネ・フランクの家
【オランダ語名】Anne Frankhuis
【アクセス】ウェスターマーケット駅から徒歩2分
【営業時間】9時~22時
【料金】9ユーロ
【休日】4月28日、ユダヤ教贖罪日

⑤国立ゴッホ美術館 / アムステルダム

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

れもねぇど国際結婚でエジプト移住を目前に控えた25歳☆渡航国数は30ヵ国以上。イスラム圏とヨーロッパが大好きで、経験したアクティビティは数知れず...最近のお気に入りは、ナイル川で泳ぐこと♪

このまとめ記事に関して報告する