• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
【一度は行きたい】オーストリア ザルツブルク♪♪街中が世界遺産!!

オーストリア・ザルツブルク。実はこの街、街自体が世界遺産なんです。ミュンヘンからもほど近く、訪れやすい街でもあり、大変オススメな旅行先です!そんなザルツブルクの魅力をご紹介致します。

このまとめ記事の目次

【街自体が世界遺産!】中世を感じる街並み

ザルツブルクの旧市街は1997 年にユネスコ世界文化遺産に登録された、大変美しい街が残っています。
細い路地を歩くだけで、そこはまさに映画の世界。
街自体が旅の目的となることでしょう。
Tourismus Salzburg (ザルツブルク観光局)
最近では、俳優の本木雅弘さん、北川景子さんを起用したトヨタ・アルファードのCM舞台にもなっていますよね♪♪

ドイツからもアクセス抜群【初ヨーロッパでも問題なし!】

ザルツブルクはミュンヘンより鉄道で1時間半から2時間半。
利用の列車によって所要時間が異なりますが、とっても簡単に訪れることができます。
また、”ジャーマンレイルパス”や”バイエルンチケット”などドイツのお得な切符も使えるので、ドイツ旅行とセットで訪れることができます。

【中世を感じる】城塞、ホーエンザルツブルク

Tourismus Salzburg (ザルツブルク観光局)
ホーエンザルツブルク城は、大司教ゲープハルトによって建設された城塞です。
1077年に建設が開始され、1150年頃には完成されたと言われています。
それ以降、修繕を重ねながら当時の雰囲気のまま残されています。

トリップアドバイザーの企画「バケットリスト」の「死ぬまでに行きたい世界の名城25選」にも選ばれるなど、世界でも有数の城として知られています。

ミュンヘンから近いこともあり、同じく「死ぬまでに行きたい世界の名城25戦」に選ばれた「ノンシュバンシュタイン城」の後に訪れる人も多いかと思いますが、同じ城でも「ノンシュバンシュタイン城」が貴族の優雅な城であるのに比べ、「ホーエンザルツブルク城」は軍事目的に建てられた"要塞"と言えるかと思います。
同じ城でも趣が全く異なり、それを感じるのも面白いかと思います。

昔は砲台が置かれていた窓から見るザルツブルクの街並み

旧市街からケーブルカーでも行けますし、脚に自信のある人は30分程の登山でたどりつくことができます。結構急な坂となるので体力は必要ですが、途中から見るザルツブルクも大変綺麗です。
城からはザルツブルクの街が一望できます!
また、条件が整うと雲海に出会えることも!
入場料 大人:12ユーロ/子供:6.50ユーロ
(ケーブルカー込みの料金/城塞のみの入場料は大人:9.20ユーロ)

【モーツァルトにサウンド・オブ・ミュージック】音楽が寄り添う街

ザルツブルクは彼の有名な音楽家・レオポルト・モーツァルトが生まれ育った街としても有名です。生まれてから25歳までザルツブルクにて暮らしていたようです。
モーツァルトの生家は旧市街内にあります。
旧市街に入ってすぐの場所にあるので、結構ビックリしますよ笑
ザルツブルクには国際空港もありますが、正式名称は「ザルツブルク・ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト空港」
それぐらい、ザルツブルクの人達にとってモーツァルトは誇りなのだと思います。

なお、こちらの空港、街からバスで30分ほどで行けますが、国際空港と言えど大変小さな可愛らしい空港です。

なんと、ボーディングブリッジなどなく、目の前に並んだ飛行機に歩いて搭乗する形となります。免税の手続きなども係りの人がいなかったりするので、ザルツブルクからバケージスルーで搭乗する場合は、若干早く到着したほうが良いかと思います。

保安検査前にカフェが数店舗、お土産屋さん(コンビニみたい)な店が数店舗あります。
保安検査後は免税店とカフェがあります。保安検査後でも若干時間を潰すスペースはあるので、心配ご無用!
また、映画『サウンド・オブ・ミュージック』のロケ地も多数あり、まさに音楽を街中で感じることができます。
Tourismus Salzburg (ザルツブルク観光局)

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

EISA元旅行会社勤務。ハネムーン商品の企画・販売担当だった為、リゾートに強い。また、趣味も旅行の為旅行先で撮った写真を中心にオススメできればと思います。

このまとめ記事に関して報告する