• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
2時間半で行けるヨーロッパ!女子旅で“極東ロシア”に行くべき8つの理由

女同士で思う存分はしゃげる“女子旅”、楽しいですよね。今日は、極東ロシアの「ウラジオストク・ハバロフスク」を旅した筆者が、次の女子旅に極東ロシアをおすすめする理由をご紹介します。かわいいお土産に写真映え抜群の教会、さらにおいしいロシア料理と極東ロシアには女子の好きなものが詰まってるんです!

このまとめ記事の目次

①成田からたったの2時間半で行けるから

ロシアと聞くと、とにかく広いし日本から遠そう…なんて思っていませんか?ロシアの首都モスクワは片道10時間以上かかるのですが、日本に一番近い都市「ウラジオストク」なら直行便でなんと2時間35分で着いてしまうのです!
お隣の韓国に行くのとほぼ同じ飛行時間で行けてしまうなんて驚きですよね。成田からウラジオストクへの直行便は現在週4回出ています。筆者が行った際は、こんなかわいらしいサンドイッチの機内食が出ました。

夕食のメニューを考えながらサンドイッチを食べていたら、あっという間に“ウラジオストク空港”に到着です!

②ロシアの街並がお洒落すぎるから

ハバロフスク駅

ウラジオストク・ハバロフスクが女子旅におすすめな理由その2は「街並がお洒落すぎるから」。日本から2時間半で着くとはいえ、そこはヨーロッパ。着いた途端に、日本とはまったく違う雰囲気の街並が広がります。
こちらのピンクの建物はハバロフスクの街中にあるハンバーガー屋さん。色合いや看板が、まるでテーマパークの中みたいに可愛いですよね。
ウラジオストクのメインストリート「スヴェトランスカヤ通り」の街並がこちら。完全にヨーロッパの雰囲気ですよね。かわいらしいカフェもあり、歩いているだけで楽しくなってきます。

画像下の水色の立派な建築物は、なんと銀行!銀行とは思えないほどのメルヘンさで、一緒に写真を撮りたくなってしまうほどのフォトジェニックさです。

③どれも可愛すぎて選べないマトリョーシカがたくさんあるから

ウラジオストク・ハバロフスクが女子旅におすすめな理由その3は「どれも可愛すぎて選べないマトリョーシカがたくさんあるから」。

ロシアのお土産といえば、やっぱりマトリョーシカですよね!筆者も行く前から期待していたのですが、実際に行ってみると期待以上にかわいいマトリョーシカがたくさんあって迷ってしまうほどでした。
中からどんどん小さい人形が出てくる通常タイプもありますが、小さくてバラマキ土産にぴったりなキーホルダーやマグネットタイプも種類が豊富。デザインも様々なので、自分だけの運命のマトリョーシカを探してみてくださいね。

④シベリア鉄道に乗って旅人気分を味わえるから

ウラジオストク・ハバロフスクが女子旅におすすめな理由その4は「シベリア鉄道に乗って旅人気分を味わえるから」。

ご存知シベリア鉄道は広いロシアを横断している鉄道で、全長は9297kmにも及ぶ世界一長い鉄道。ウラジオストクはそのシベリア鉄道の終点にあたる駅です。

現在は動いていない模型

おすすめはウラジオストクからハバロフスクまでシベリア鉄道で移動するプラン。乗車時間は約11時間なので、夜の9時頃に乗り込めば朝の8時頃に到着します。寝台列車に乗りながら外の雪原を見たら、自分が極東ロシアにいることを改めて実感できます。

多くの旅人が一度は乗ってみたいと思うシベリア鉄道ですが、意外に手軽に乗ることができてテンションも上がりますね。

⑤写真映え抜群の教会がたくさんあるから

ウラジオストクのアンドレイ教会

ウラジオストク・ハバロフスクが女子旅におすすめな理由その5は「写真映え抜群の教会がたくさんあるから」。

街の中心部にはロシア正教の教会があり、独特の形や色をしているためとても美しい写真を撮ることができます。タマネギのような形の屋根が印象的ですよね。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • もうすぐ母の日がやってきます。今年の母の日は、5月14日の日曜日。ちょうど...

  • なかなか長いお休みが取れないから、しばらく旅行はお預け…というのはもったい...

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する