• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
街自体が世界遺産!エルサレムの旧市街とその城壁群「嘆きの壁」ってなに

イスラエル東部に位置するパレスチナ暫定自治区の都市・エルサレムにある「嘆きの壁(Wailing Wall)」は、世界文化遺産「エルサレムの旧市街とその城壁群」に含まれる古代イスラエルの遺跡で、ユダヤ教の聖地とされている観光名所です。その歴史は古く、紀元前10世紀頃に古代イスラエル王国第3代ソロモン王が建設したエルサレム神殿があったとされる場所で、イスラエル王国の分裂とともに破壊と再建を繰り返し、現在はヘロデ大王時代に再建された神殿の外壁が残るのみです。世界三大宗教の聖地・旧エルサレム市街の「嘆きの壁」をご紹介します。

このまとめ記事の目次

嘆きの壁とは

嘆きの壁(Wailing Wall)は、イスラエル東部に位置するパレスチナ暫定自治区の都市エルサレムにある古代イスラエルの遺跡で、1981年(昭和56年)には「エルサレムの旧市街とその城壁群」としてユネスコの世界文化遺産に登録されている歴史的観光名所です。エルサレム旧市街の南東部にあたるユダヤ教徒地区のランドマークで、壁に向かって祈るユダヤ教徒の姿は世界的にも有名です。
壁に向かって立っているように見える人たちは、何度もお辞儀をしながら祈っています。黒ずくめの衣裳と長髪が印象的な人たちは最も敬虔なユダヤ教徒で、“揉み上げを剃り落したり、ヒゲの両端を剃ってはならない(レビ記19:27)”という旧約の教えを今も守って、揉み上げを長く伸ばしたりカールしている人もいます。日本のサムライにも劣らないオリジナリティですよね。

エルサレム神殿の外壁

嘆きの壁は、紀元前10世紀に古代イスラエル王国の第3代ソロモン王が建設したエルサレム神殿に起源を発します。イスラム教では偉大な預言者のひとりにも数えられているソロモン王は、優れた手腕と篤い信仰で王都エルサレムを大いに繁栄させた賢王で、700人の王妃と300人の側室がいたそうです。神殿だって桁外れにゴージャスだったことでしょう。
聖書の記述によれば、年老いたソロモン王は大勢の女性のために邪教の神殿を築いて信仰を許したことで、唯一の神に罰せられたとあります。具体的には、栄華の限りを極めたイスラエル王国が跡継ぎであるレハベアム王の治世で預言者の戒め通り北と南に分裂し、それぞれアッシリアと新バビロニアによって滅ぼされてしまいます。神に選ばれしイスラエルの民は祖国を失いました。

バビロン捕囚で再建される

新バビロニアによって紀元前586年に滅亡し、祖国と神殿を失ったイスラエルの民の多くはペルシアによって解放されるまでの70年をバビロニアの地で捕囚として過ごしました。旧約聖書やユダヤ教はこのとき生まれたものです。それまでイスラエルだけの神だった創造神ヤーウェもこのとき全人類の神として認識されました。
バビロニアがペルシアに征服され、自由になったイスラエルの民は祖国に戻って神殿を再建することを赦されましたが、自由意思で帰還したのは全体の30パーセント足らずだったそうです。帰還者は2年かけてソロモン神殿の瓦礫を取り除き、42,360人の寄付とダビデ王家の直径の子孫にあたるゼルバベル総督の指揮で新たな神殿(第2神殿)を完成させました。現在の嘆きの壁は、このとき築かれた第2神殿の壁の一部です。

第2神殿も破壊される

天下の大英雄アレキサンダー大王によって紀元前333年にペルシアが大敗すると、イスラエルはさまざまな民族によって支配されるようになりました。キリストの誕生も間近の紀元前1世紀、ローマ帝国統治下にあったイスラエルのヘロデ王は、後世に名を残すため第2神殿を派手に改修しました。聖書には完成までに46年かかったと書かれています。
ヘロデ王によって生まれ変わった第2神殿は、イエス・キリストが敬虔なユダヤ教徒を非難し、神殿でお金儲けを企む悪徳商人を追い払ったとされる、いわば新約聖書の舞台です。そんなヘロデ神殿も66年から73年にかけて戦われたユダヤ戦争でローマ軍によって占拠され、70年にふたたび破壊されました。嘆きの壁では異教徒も祈ることができますが、男女は左右に分かれる必要があります。

いかがでしたか

世界遺産エルサレム旧市街にあるユダヤ教の聖地「嘆きの壁」と古代イスラエルの歴史をご紹介しました。旧エルサレム市街は、周辺情勢の不安定さから世界文化遺産であると同時に“危機にさらされている遺産”として1982年以来リストにあげられています。

基本情報

所在地:Western Wall Plaza | Jewish Quarter, Jerusalem 97500, Israel
TEL:+972 2-627-1333
アクセス:Western Wall停留所下車

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する