• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
ホビットの世界は実在した!ニュージーランドにある「ホビット村」を徹底解剖

映画「ホビット」や「ロードオブザリング」のロケ地として実際に使われた「ホビット村」。実はそれがそのままの形で残されているんです。ニュージーランドにあるというホビット村、一体どのような場所なのでしょうか。

このまとめ記事の目次

映画「ホビット」

大ヒット映画となった「ホビット」や「ロードオブザリング」のロケ地として使われたホビット村。ホビット族が暮らした可愛らしい外観の村が、撮影が終わった今でもそのままの形で残されているんです。

ホビット村に行けるらしい!

このホビット村、世界観はそのままに実際に訪れることができるんだそう。日帰りツアーに乗って行けるそうですがその村は一体どんな感じなのでしょうか。

村にはたくさんのホビットの家が!

ゆるやかな丘陵地帯に点在するホビットたちの家々。丸いドアが特徴のかわいらしい外観の家がいくつも見られます。大小さまざまな大きさで作られた穴は村に全部で44個ほど。
どれも可愛いいですよね。主人公のホビットは背が小さい種族のため、実際にドアもその大きさに合うよう作られているんだとか。また周りに植えてある植物はあえて大きく作り、俳優の人を小さく見せる効果を狙っているそうです。

映画そのままの風景がいくつも

袋小路屋敷

ビルボとフロドの住む“袋小路屋敷”の前にはしっかりと「No Admittance except party business(パーティ関係者以外お断り」と書かれた看板が。映画ファンなら嬉しいこと間違いなしの、こんな小さなな配慮がいくつも!

村に残る小道具

残されているのは家だけではなく、こういった小道具まで!洗濯物が干してあったり掲示板が残っていたりなど世界観を存分に感じられるものが多く残っています。まさにホビットの世界に迷い込んだような体験になること間違いなしです。

水車小屋とめがね橋

村の中には水車小屋とめがね橋などもあります。この橋はガンダルフがこの村を訪れる際に渡った橋で、この橋を超えた先にはホビットたちの憩い場として出てきたパブ「グリーン・ドラゴン」があります。

パブ 「グリーンドラゴン」

まるでホビットが今でも暮らしていそうな雰囲気に満ちている空間。ツアー料金にワンドリンクが含まれているため、ここ4種類の中から好きなお酒を選び楽しむことができます。

ホビット村に出かけよう!

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する