• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
ポルトガル王室の図書館「リオデジャネイロ国立図書館」がゴージャスすぎ!

南米ブラジル最大の観光都市リオデジャネイロの観光スポット「リオデジャネイロ国立図書館(Rio de Janeiro Biblioteca Nacional)」は、歴史地区セントロ(Sentro)のリオブランコ大通り(Avenida Rio Brancoに位置する古い建築物です。ナポレオンの侵攻を受けてブラジルに亡命したポルトガル王室によって1810年(江戸文化7年)に設立され、1910年(明治43年)に建て替えられました。2010年(平成22年)には創設200周年で賑わったリオデジャネイロ国立図書館をご紹介します。

このまとめ記事の目次

リオデジャネイロ国立図書館とは

「リオデジャネイロ国立図書館{Rio de Janeiro Biblioteca Nacional}」は、南米ブラジルの南東部に位置する国内最大の観光都市リオデジャネイロの歴史地区セントロ(Sentro)にあるラテンアメリカ最大の規模を誇る図書館です。2010年(平成22年)には創設200周年を迎え、さまざまなイベントで賑わいました。
リオデジャネイロ国立図書館は、植民地時代の歴史的建造物が数多く残るセントロ地区を南北に貫く市内最大のメインストリート「リオブランコ大通り(Avenida Rio Branco)」に面して建っています。その歴史は古く、18世紀にまでさかのぼります。ポルトガル王立図書館は、1755年11月にポルトガルのリスボンで発生した大地震を受け、3回に分けて大量の書物をリオデジャネイロの病院施設に移しました。

1810年(江戸文化7年)設立

リオデジャネイロ国立図書館が現在の地で「帝国図書館」として設立されたのは、ナポレオン戦争を機にポルトガル王室が当時の植民地だったブラジルへと亡命を強いられて間もない1810年(江戸文化7年)のことです。1910年(明治43年)には、現在の新古典様式に建て替えられました。その後も寄付や購入によってブラジル中から集められたという重要資料は、9万点を超えます。
4階まで吹き抜けになったリオデジャネイロ国立図書館のエントランスホールは、アールヌーボー調の落ち着いた内装です。天井のドームにはステンドグラスがはめ込まれ、大理石の階段に黒いブロンズの手すりもロマンチックで劇場のような雰囲気です。2階へと続く中央大階段には、ポルトガル王ジョアン6世の胸像も鎮座しています。

皇后テレサ・クリスティーナ・マリアのコレクション

リオデジャネイロ国立図書館の収蔵品として特に貴重なものの中に、ブラジル皇帝ペドロ2世の皇后テレサ・クリスティーナ・マリア(Teresa Cristina Maria)のコレクションがあります。19世紀の21,742枚からなる貴重なコレクションは、皇后テレサ・クリスティーナ・マリアの死後、彼女の名前を付けることを条件として、ブラジル帝国の第2代ペドロ2世から図書館に寄贈されました。
皇后テレサ・クリスティーナ・マリアは、20歳のとき当時17歳だったペドロ2世と肖像画によるお見合い結婚をしています。テレサ・クリスティーナ・マリアは、体が弱く小柄なうえ、あまり美人ではなかったようですが、知的で愛情深い女性だったことから46年におよぶ結婚生活の中で4人の子供をもうけ、ブラジル移住の際には多くの芸術家や学者を連れていました。

周辺のおすすめスポット「Confeitaria Colombo」

リオデジャネイロ国立図書館から徒歩10分程のところにある「コンフェイタリア コロンボ(Confeitaria Colombo)」は、1894年(明治27年)のオープン以来100年以上の歴史をもつ人気の老舗カフェテリアです。1階の「バー・ジャルディン」は、アンティーク家具に囲まれてポルトガルのスイーツとともに優雅なティタイムを楽しめます。
吹き抜けになった2階には、ポルトガル料理やスペイン料理が楽しめるブッフェレストラン「クリストヴォオ」もあります。土曜日は豆やポークを煮込んだポルトガルの伝統料理“フェジョアーダ”の日です。ポルトガルの旧植民地時代から各地で受け継がれてきた郷土料理は、その土地で少しずつ味が違うのだそうです。どこか懐かしい雰囲気が魅力のアールヌーボスタイルの内装と、ベルギー産クリスタルの壁面、床の大理石はイタリアから輸入されたものです。

基本情報

所在地:R. Gonçalves Dias, 32 - Centro Rio de Janeiro - RJ 20050-030
TEL:2505-1500
営業時間:9:00~19:30
アクセス:路面電車「Colombo」駅下車

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する