• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
大自然でアドベンチャー気分を!カナダのおすすめ観光スポット15選

世界で2番目に面積の広いカナダ。雄大な自然をメインにしたスケールの大きい観光スポットでいっぱいです。スキーをはじめ、ラフティング、カヌー、トレッキング、フィッシングなどアウトドア・スポーツのレベルがかなり高く、冒険派にも是非おすすめします。

このまとめ記事の目次

1. ナイアガラ滝

15選のトップは世界三大瀑布の一つナイアガラ滝。世界で最も有名な観光スポットの一つ

カナダ側は一大スペクタクルというべき迫力。膨大な水量と地底から響いてくるような轟音、そして高く立ち昇る水しぶきで、見る者を圧倒します。先住民はこの流れを畏怖し「オンギアーラ」(とどろく水)と呼びました。

出典:ontariostyle.com
言わずとしれた世界の定番観光スポット。もちろん世界遺産です。霧の乙女号という船に乗って滝壺近くまで行ったり、テーブルロックへ行ってカナダ滝を間近で見たり。。。ナイアガラ滝から車で25分のところにある、ナイアガラ・オン・ザ・レイクという19世紀英国風の綺麗な街に立ち寄るのもおすすめ。
アクセス トロント市内または空港から車で2時間

2. バンフ国立公園

Photo by juliam7
エメラルドブルーのカナディアンロッキーを代表するペイト湖

天然の温泉が発見された後、1885年にカナダ初の国立公園として、また世界では3番目となる国立公園として設立されました。ユネスコ世界遺産に指定されているロッキー山脈公園の一部となっています。

出典:www.banfflakelouise.com
面積6641㎡という広大な敷地を誇る国立公園。カナディアンロッキーの観光拠点となるバンフの美しい街並み、モレーン湖、ペイト湖などの美しい湖やスキー、ラフティングなど大自然を満喫するアクティビティに溢れています。カナダを体感するにはイチ押しの観光スポット。
アクセス カルガリー空港から120km。車で1時間45分

3. スタンレー公園 / バンクーバー

トーテムポール広場以外にも北米最大級の水族館など公園内には名所がいっぱい

都会のオアシスに足を踏み入れてみましょう。ビーチにふちどられた緑地には花々の咲き誇る庭園が豊かに広がり、文化的モニュメントと先住民の芸術作品があちこちに見られます。

出典:jp-keepexploring.canada.travel
世界で最も美しい都市の1つ、バンクーバーは美しい山々と海に囲まれ、観光スポットに溢れています。今回紹介したスタンレー公園の他に、キャピラノ吊り橋やグラウスマウンテン、ギャスタウンなどもおすすめの定番スポット。治安が良いので、地図を買って市内散策も楽しいと思います。
アクセス バンクーバーのダウンタウンから市バス19番で公園入口まで

4. プリンスエドワード島

キャベンディッシュにある、「アンの家」として有名なグリーン・ゲイブルス

今日、何百万人ものファンの人々がプリンス・エドワード島を訪れ、ルーシー・モード・モンゴメリの物語の中で少女アンが恋したこの島に魅了されています。島のいたるところにアンの魅力に出会える場所があります。

出典:www.tourismpei.com

春夏秋冬、プリンス・エドワード島は様々な色に溢れ、人々の優しい笑顔が、まるで“ゆりかご”のように訪れる者を優しく包んでくれます。

出典:www.eurasia.co.jp
「赤毛のアン」があまりにも有名ですが、美しい自然もプリンス・エドワード島の大きな魅力です。そして世界的グルメガイド「ザガット」の、“食通におすすめの旅行先”で第2位に選ばれたこの地で名物のロブスターやオイスター、ムール貝など是非ご賞味ください。治安の良い島でのんびりリラックスタイムを。
アクセス トロントから州都シャーロットまで飛行機で2時間

5. ビクトリア

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する