• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
夏のプチ旅行に離島はいかが?都心からも行きやすい魅惑の島々をご紹介

ついにやってきた夏本番。離島といえば、沖縄などのリゾート地のように遠くてなかなか行きずらいイメージかもしれませんが、実は東京からもアクセスしやすいところにある離島にも、心に残る素敵な景色を見せてくれる美しい島が存在するのです。今年の夏のプチ旅行に普段あまり行かないような離島なんていかがですか?

このまとめ記事の目次

【1】東京都の南の楽園、「父島」

まず最初にご紹介するのは、東京都の小笠原諸島の最大の島である「父島」。東京から片道約1000km。竹芝桟橋より「おがさわら丸」というフェリーで25時間半で到着することのできる、東京都屈指の南国の島で小笠原諸島の中の1つの島。2011年には小笠原諸島がユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されたほど、大自然に溢れる島なのです。
父島の山には世界的にも貴重な固有種、海には美しすぎるサンゴ礁や熱帯魚がを見ることができ、なんとこの島の特徴は、1年中イルカが泳いでいるというところ。日本でイルカに会えてしまうなんて、きっとこの島ならではの魅力。そして、イルカだけでなくクジラも子育てをしにやってくるというような、日本だとは思えないような魅力に溢れた島なのです。今年の夏は、東京都の「楽園」でイルカたちと触れ合ってみたくはありませんか?

詳細情報

  • 東京都小笠原村父島

【2】離島ならではの体験ができる、「三宅島」

2つ目にご紹介するのは、富士火山帯に含まれている、今だ活動中の活火山島である「三宅島」。竹芝桟橋から東海汽船「橘丸」で約6時間半で到着できる離島です。噴火が今もなお繰り返し発生しているため、島内のあらゆるところで噴火の跡を見ることができるのです。そのため、私たちが普段暮らしているところでは決して見ることのできない原始的な光景を見ることができます。
現在は山頂付近は立ち入り禁止区域となっているため火口を直接見ることはできませんが、火山灰で埋まってしまった建物や、流れた溶岩が固まった跡などを見ることができます。また、三宅島は島全体が富士箱根伊豆国立公園に登録されており、多くの野鳥が見える「バードアイランド」としても有名なのです。天然記念物の野鳥も観察することができますよ。大都会では経験できないような体験を三宅島で味わってみるのはいかがでしょう。

詳細情報

  • 東京都三宅島三宅村

【3】日本の小さなリゾート地、「初島」

3つ目にご紹介するのは、静岡県熱海市に属する静岡県最東端の島である「初島」。熱海港や伊東港よりフェリーで約30分とらくらくアクセスすることができることから、首都圏から1番近い離島と言われています。こちらの島は周囲約4kmで歩いて島内を散策できるほど小さな島。古くから人が住む有人島ですが、リゾート開発が進んでおり、プールやスパなど様々なレジャーを楽しむことができるのです。
そして、初島の海は、サンゴの一種の群生や砂地や岩場など、ダイビング好きにはたまらないスポットがたくさんあるのです。海の中には色んな種類の魚が沢山いるため、水中に広がる景色はこれまたたまりませんよ。東京からたったの1時間半で行けてしまうリゾート地に非日常をたっぷりと堪能してみたくはありませんか?

詳細情報

  • 静岡県熱海市初島

【4】美しい夜空に恋をする、「利島」

4つ目にご紹介するのは、東京都心から南へ134km、伊豆諸島の北から2番目に位置する周囲約8kmの小さな島「利島」(としま)。竹芝桟橋からジェット船で約2時間半で着くことのできる離島。こちらの島の特徴は、利島の代名詞とも言われている「椿」がなんと島の80%を覆っているのです。そのため、冬には椿の赤い花が島全体を彩ってくれます。
また、数年前に野生のイルカが移住したため、野生のイルカと一緒に泳ぐこともできることがこちらの島の特徴。そしてこの島に訪れたら是非とも見ていただきたいのが利島の夜空。「天然のプラネタリウム」とも言われるほど美しいと評判なのです。天気のいい日は肉眼で多くの星を見ることができますよ。都心ではなかなか見ることのできない景色を、目に焼き付けたいですよね。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する