• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
空前の甘酒ブーム!最近大注目の甘酒がおいしい東京都内のお店8選

ひと昔前までは、寒い寒い初詣に神社であったまるためのものとして飲まれてきた甘酒ですが近年、その栄養価の高さから注目を集め。そこで今回はその甘酒ブームにのっかり東京都内でおいしい甘酒が飲めるお店をご紹介します。(※掲載されている情報は2017年9月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

このまとめ記事の目次

甘酒ブームが起こっていたのを知ってた?

冬の定番ドリンクというイメージが強い甘酒、年に1、2回飲むか飲まないかという飲み物ですよね。しかし実は江戸時代には夏の飲み物だったことをご存知ですか?そして近年でも栄養価の高さから注目を集めていて、プチ甘酒ブームが起きているのです。

〈1〉天野屋(あまのや)(御茶ノ水)

まず初めにご紹介する甘酒がおいしいお店は「天野屋(あまのや)」です。1846年に創業され江戸時代から続く老舗の天野屋では、化学添加物を一切使用せず米と糀(こうじ)だけを使う伝統的な製法で作られ続けています。

明神甘酒

天野屋糀店

米と糀だけを使った伝統的製法で作られる天野屋の「明神甘酒」は素材そのものの自然なやさしい甘みが特徴です。甘酒を注文すると、もろみ味噌も一緒についてきます。もろみ味噌をいただくと、甘酒のやさしい甘みがさらに引き立ちます。夏はかき氷と一緒に甘酒をいただくこともできます。

詳細情報

  • 東京都千代田区外神田2-18-15
  • 0332517911

〈2〉双葉(ふたば)(人形町)

続いてご紹介する甘酒がおいしいお店は人形町甘酒横丁の「双葉(ふたば)」です。明治初期に甘酒屋の「尾張屋」が大繁盛し甘酒を飲む人でにぎわったことからそのあたりが「甘酒横丁」と呼ばれるようになったそうです。そんな甘酒に根付いた甘酒横丁で愛され続けているのが豆腐料理屋の「双葉(ふたば)」です。

甘酒ソフト

双葉 人形町

「双葉」では豆腐やがんも、豆腐ドーナツが売られていますが、店先で甘酒も販売されています。米麹で作られた双葉の甘酒は砂糖不使用のノンアルコールです。夏にピッタリの甘酒ソフトも食べることができます。

詳細情報

  • 東京都中央区日本橋人形町3-4-8
  • 0336621688

〈3〉せたがや縁側カフェ(三軒茶屋)

続いてご紹介する甘酒がおいしいお店は「せたがや縁側(えんがわ)カフェ」です。「縁側のように、人、もの、ことをゆったりとつなぎたい」をコンセプトに手作りのマフィンと甘酒を縁側でゆっくりといただくことができるカフェです。
せたがや縁側カフェの甘酒は、玄米と米麹で作られたせたがや縁側カフェオリジナルの玄米甘酒です。ノンアルコールノンシュガーの玄米甘酒はすっきりとした甘さと少し香ばしさのある甘酒で、他店では飲むことのできない甘酒です。

詳細情報

  • 東京都世田谷区若林4-20-12
  • 0357798707

〈4〉数寄屋橋茶房(銀座)

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する