• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
今年大流行中!東京都内の「台湾まぜそば」本当に美味しい有名店5選

今年ブームになっていると言っても過言ではない台湾まぜそば。実は台湾というのにも関わらず決して台湾発祥の料理ではなく、名古屋発祥の料理。数々の絶品名古屋飯を生み出してきた名古屋がまたしても絶品料理を作り出してくれましたね。今回は美味しい台湾まぜそばが食べられる都内のお店を紹介します!

このまとめ記事の目次

そもそも台湾まぜそばって何?

今年大ブレイクとなっている台湾まぜそば。いわゆる汁なしラーメン、すなわちまぜそばなのですが実はこの料理台湾には存在しないんです。
えっ、じゃあなんで台湾まぜそばなの!?と皆さん思いますよね。
じつは、台湾まぜそばの発祥は名古屋!名古屋にあるラーメン店”麵屋はなび”が発祥のお店。このお店で台湾ラーメンを作ろうとして、スープと具の挽肉が合わず挽肉を捨てようとしたところ、アルバイトの一人が試しに汁の無いラーメンにのせたらどうなるかと考えたことから始まったそうです。
因みに台湾ラーメンも決して台湾のラーメンというわけではなく、昔から名古屋にあるミンチののったラーメンです。
台湾まぜそばの特徴は、その具。甘辛のミンチ、刻んだニラ、ネギ、魚粉、卵黄が定番です。これらの具を極太麺と絡めて食べます。
もう一つの特徴が上の写真にもあるようにレンゲが用意されていること。通常は汁なし麺はスープを飲まないのでレンゲが用意されていませんが、台湾まぜそばは必ずレンゲが用意されています。
なぜかというと、、、
台湾まぜそばは実は二度楽しめるのです。普通だったら麺を完食したらそこで終わり。でも台湾まぜそばはここから第二幕が始まります。
最後に残った具とご飯をかき混ぜてレンゲで食べるのが正しい食べ方。一食で締めまで楽しめるなんて名古屋飯恐るべしですね。
ここからは、そんな台湾まぜそばが都内で食べられるお店を紹介していきます!

①麵屋 はなび 新宿店 / 西早稲田

麺屋 はなび 新宿店

台湾まぜそば発祥のお店、麵屋はなびが初めて東京に進出させたお店。まさしく、元祖台湾まぜそばの味を楽しむことができます。
外には常に行列ができているほどの人気店。名古屋には遠くていけないにしろ、一度は行ってほしいお店です。
具などはスタンダードで、盛り付けが美しいですね。味付けは濃いめで、ミンチは麺とよく絡みます。
ボリュームもかなり多めで、最後にご飯を食べることを考慮すると、並でもしっかりお腹いっぱいになれます。女性は小で丁度いいのかもしれません。
詳細情報
【場所】東京都新宿区大久保2-8-16 コスモビル1F
【アクセス】
東京メトロ副都心線、東新宿駅エレベーター口徒歩4分
東京メトロ副都心線、西早稲田3番出口徒歩4分
都営バス 新宿コズミックセンター 徒歩2分
西早稲田駅から538m
【営業時間】
[火~金]
11:30~14:00
18:00~21:30
[土・日]
11:00~15:00
18:00~21:00
【定休日】毎週月曜日・第2火曜日
  • 東京都新宿区大久保2-8-16 コスモスビル
  • 0362789995

②やまの / 練馬

練馬駅から徒歩4分のところにある「やまの」。店主はここ以外にも大人気店を立ち上げている実力者です。
また自慢のまぜそばは第14回TRYラーメン大賞で2013-2014年のベスト汁なしラーメン新人賞にも選ばれています。
台湾まぜそばブームが始まったのが昨年の終わりからにも関わらず、なんとこちらでは2013年4月にいち早く台湾まぜそばの販売を始めました。
こちらのまぜそばも非常にスタンダードで王道的に美味しいです。やまのは台湾まぜそば専門店ではないので、ラーメンもあります。そのため、まぜそばに角煮をトッピングをすることも可能です。
よりボリューミーに行きたいという方にはおすすめです!
詳細情報
【場所】東京都練馬区豊玉北5-23-11 豊玉ビル B1F
【アクセス】
西武池袋線・都営大江戸線練馬駅から徒歩3~4分
練馬駅から222m
【営業時間】
[火~金]
11:30~14:00(L.O) 18:30~翌2:00(L.O.25:45)
[土・祝]
11:30~14:30(L.O) 18:30~翌1:00(L.O.24:45)
[ 日 ]
11:30〜14:30
【定休日】月曜日
  • 東京都練馬区豊玉北5-23-11 豊玉ビルB1階
  • 0335577099

③麺屋 こころ / 高田馬場

こころ 高田馬場店

高田馬場や大岡山に店を構える麵屋こころ。店主は元祖の麺屋はなびで修業したのちに、お店をオープンさせました。最近では台湾まぜそばブームの影響もあり、いくつかのメディアでも取り上げられています。ですからこちらも常に行列ができている人気店です。
もちろん、通常の台湾まぜそばが看板商品で、味も名古屋のはなびの味に近くなっています。ただ、今回紹介したいのはカレー台湾まぜそば。味付けがカレー味になっていて、具材もカレーに合うように、ニラが水菜になったりしています。
カレーが予想以上にまぜそばと合うので、もしかしたら通常の台湾まぜそばでは物足りなくなるかもしれません。締めのご飯もカレーですから、美味しいに決まってます。
詳細情報 高田馬場店
【場所】東京都新宿区西早稲田2-21-7
【アクセス】西早稲田駅から282m
【営業時間】
11:30~15:00(L.O.14:30) 18:00~22:00(L.O.21:30)
日・祝 11:00~15:30
【定休日】木曜日
  • 東京都新宿区西早稲田2-21-7
  • 03-6457-3139

④ラーメン 燈郎 / 新小岩

ラーメン燈郎

二郎系インスパイアの人気店ラーメン燈郎。なんとここでは、毎週木曜日限定で提供している超レアな台湾まぜそばが存在するんです!しかも今は夏バージョンの冷たい台湾まぜそばとなっています。
冷たい台湾まぜそばその名も「つめたいわん」。具は通常の具に加えて、大きな低温のチャーシューがのっています。
冷たいので夏にうれしい上に、山椒の香りが効いていて夏バテ気味でも胃袋を刺激してくれます。
詳細情報
【場所】東京都葛飾区東新小岩1-1-1
【アクセス】
総武中央線・新小岩駅北口を出て右へ。徒歩1分。
総武快速線
新小岩駅から160m
【営業時間】
11:00〜15:00
18:00~23:00
※スープ切れ次第終了
【定休日】無休
  • 東京都葛飾区東新小岩1-1-1 トラスト新小岩101
  • 0336967187

⑤あびすけ / 新宿7丁目

あびすけ 西新宿7丁目店

新宿にある「台湾まぜそばあびすけ」は東横線の日吉に本店を置くつけ麺屋「あびすけ」の支店。つけ汁をヒーターで温めるシステムなど、斬新さで有名な「あびすけ」がいち早く台湾まぜそばに着目してオープンしたお店です。

あびすけ 西新宿7丁目店

麺はかなり太く、硬めなので存在感抜群。まぜそばの具としては珍しい塩昆布は旨みをプラスするアクセントとなっています。
ランチをお得にワンコインで食べられると話題になっているランチパスポートを購入すると、ここの台湾まぜそばがなんと500円で食べられるので、こちらも必見です。
詳細情報
【場所】東京都新宿区西新宿7-11-2 ASP西新宿ビル 1F
【アクセス】
新宿駅西口より徒歩3分
新宿駅→大ガード西交差点→青梅街道へ。
「宝塚大学」と「河合塾」の間、「新都心歩道橋」のすぐ下にお店がございます。
【営業時間】10:30~23:30(LO23:30)
【定休日】無休

台湾まぜそばを堪能しよう!

台湾まぜそばの有名店5選いかがだったでしょうか?既に台湾まぜそばを食べたことのある人は、お店によって味も異なるので色んなお店に行ってみてはいかがだしょうか。
もちろんまだ食べたことのない人は、ここにのっているお店に行ってみて下さい。あなたも台湾まぜそばファンになること間違えなしです!

▼RETRIP公式のキャンペーンもチェック✔

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

Brokeniphoneきっと新しい発見がある。そう、Brokeniphoneとならね。

このまとめ記事に関して報告する