• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
奇蹟の大自然に圧倒!アイルランドへ今すぐ行きたくなるおすすめ観光スポット15選

大自然の絶景が広がるアイルランドは、まさに「奇蹟」の国です。豊かな自然と景観美が楽しめるのはもちろんのこと、独特のアイリッシュ文化や、歴史を活かした古城でのお姫様体験など、実に様々な魅力にあふれています。 バックパックで大自然に身を任せるもよし、カップルでの古城ステイで絆を強めるもよし、家族で歴史探訪をするにもよしと、誰にでもお勧めできる観光スポットです。 そんなアイルランドに今すぐ行きたくなるおすすめの観光スポット15選をご紹介します。

このまとめ記事の目次

①トリニティー・カレッジ / ダブリン

大自然の国「アイルランド」は見所が満載!「アイルランド」へ今すぐ行きたくなるおすすめ観光スポットその1は、「トリニティー・カレッジ」。大自然の国アイルランドの首都ダブリンで必ず訪れてほしいおすすめの観光スポットです。
その美しい建物だけでも十分見ごたえがありますが、特におすすめなのが図書館で、日本でいう国会図書館と同等の法定納本図書館です。300万もの蔵書数を誇り、ケルト芸術の最高峰と名高い「ケルトの書」はあまりにも有名です。
【施設名】トリニティー・カレッジ
【アクセス】ルアス・レッドライン アベイストリート駅下車徒歩5分
【営業時間】図書館は9時30分~17時
【料金】図書館9ユーロ
【休日】クリスマスから新年にかけて10日間、10月~4月の日曜日

②国立考古学博物館・歴史博物館 / ダブリン

大自然の国「アイルランド」は見所が満載!「アイルランド」へ今すぐ行きたくなるおすすめ観光スポットその2は、「国立考古学博物館・歴史博物館」。紀元前2000年から現在にいたるまでの、アイルランドの宝とも言える工芸品のコレクションなどが揃う観光スポットです。国宝として収められているタラのブローチやアーダの聖杯などは見逃せません。これらはアイルランドの金細工の最高峰と言われています。入場料が無料というのも、この観光スポットの素晴らしいところです。
売店では精巧なレプリカも売られており、お土産におすすめの品です。
【施設名】国立考古学・歴史博物館
【アクセス】ルアス・グリーンライン セント・ステファンス・グリーン駅下車徒歩5分
【営業時間】10時~17時
【料金】無料
【休日】月曜日・祝日

③ダブリン城 / ダブリン

大自然の国「アイルランド」は見所が満載!「アイルランド」へ今すぐ行きたくなるおすすめ観光スポットその3は、「ダブリン城」。1204年にジョン王によって建てられて以来、アイルランドにおけるイギリス支配のシンボルとなってきた観光スポットです。1864年に火事で崩壊しましたが、現在は復元され、石膏の装飾や美術品のオークの建具が素敵です。
ヨーロッパ各地から集めた材料や装飾で、贅の限りを尽くして建てられた城は、アイルランド観光で是非おすすめしたい美しさです。
内装も見事ですが、城の前にある公園から眺めるダブリン城がおすすめの撮影スポットです。
【施設名】ダブリン城
【アクセス】ルアス・レッドライン ジェービス駅下車徒歩7分
【営業時間】10時~16時45分
【料金】4.5ユーロ
【休日】聖金曜日、12月24日~1月1日

④テンプルバーエリア / ダブリン

Photo by leonyaakov
大自然の国「アイルランド」は見所が満載!「アイルランド」へ今すぐ行きたくなるおすすめ観光スポットその4は、「テンプルバーエリア」。リフィ川の南岸に広がる石畳の通りの地区です。ここは様々な文化機関が集まる、ダブリンの最先端を行くカルチャーエリアです。ギャラリーや劇場、演劇や写真学校にミュージックセンター、フィルムセンターなどが集まり、レストランやパブではアイルランド伝統料理が楽しめる観光スポットです。ふらっと町歩きを楽しんだり、食事場所も多くありますので、アイルランドで1杯やるにはこのエリアがおすすめです。

また、毎週土曜日にはマーケットが開催されますので、こちらもおすすめです。
【名前】テンプルバーエリア
【アクセス】最寄りはルアス・レッドライン ジャービス駅。リフィ川の南岸に沿って広がる

⑤クライスト・チャーチ大聖堂 / ダブリン

大自然の国「アイルランド」は見所が満載!「アイルランド」へ今すぐ行きたくなるおすすめ観光スポットその5は、「クライスト・チャーチ大聖堂」。アイルランド教会のダブリンとグレンダーロッホ教区の主教会でもある観光スポットです。
礼拝堂の天井は、ロマネスク様式とゴシック様式のアーチが重なる大変貴重なもので、その他にも、中世最大級と言われる地下礼拝堂がおすすめです。
そしてもう一つ見逃せないのが、パイプオルガンの中にある猫とネズミのミイラです。これは、猫から逃げようとしたネズミがパイプオルガンの中に逃げ込み、結局は2匹とも出られなくなってそのままミイラ化してしまったものが残されています。どこかの漫画を思いだすような話ですが、おすすめの見所として多くの人がパイプオルガンの裏を覗き込んでいます。
【施設名】クライスト・チャーチ大聖堂
【アクセス】ルアス・レッドライン フォーコーツ駅から徒歩10分
【営業時間】9時30分~18時
【料金】6ユーロ
【休日】11~3月の日曜日

⑥聖パトリック大聖堂 / ダブリン

大自然の国「アイルランド」は見所が満載!「アイルランド」へ今すぐ行きたくなるおすすめ観光スポットその6は、「聖パトリック大聖堂」。現在はアイルランド最大の教会ですが、かつてはアイルランドで最初の大学としても使われていた観光スポットです。作家として有名なジョナサン・スウィフトが眠る場所としても有名で、様々ななゆかりの品も展示されているので、ファンにはおすすめの場所です。
また、ステンドグラスが美しく、内部の荘厳な作りも必見です。
【施設名】聖パトリック大聖堂
【アクセス】ルアス・グリーンライン セントステファンス・グリーン駅から徒歩15分
【営業時間】9時~17時
【料金】5.5ユーロ
【休日】無休

⑦ギネス・ストアハウス / ダブリン

Photo by chripell
大自然の国「アイルランド」は見所が満載!「アイルランド」へ今すぐ行きたくなるおすすめ観光スポットその7は、「ギネス・ストアハウス」。アイルランドは世界的に知られるギネスビールの歴史が始まった場所です。現在では年間4億パイントもの生産量を誇り、世界120カ国以上に輸出されています。その醸造所はヨーロッパでも最大級であり、現在は観光スポットとして公開されているというからおすすめです。
見学終了時には1パイント無料で飲むことができ、最上階のバーから眺めるダブリンの景色が堪能できます。
【施設名】ギネス・ストアハウス
【アクセス】ルアス・レッドライン ジェームス駅から徒歩10分
【営業時間】9時30分~17時
【料金】14.9ユーロ
【休日】聖金曜日、12月24日~26日、1月1日

⑧アイリッシュ・パブ

アイルランドの社交場として古くから栄えるパブで、おいしいビールと交流をたのしんでみては?

アイルランドの社交場として古くから栄えるパブで、おいしいビールと交流をたのしんでみては?

大自然の国「アイルランド」は見所が満載!「アイルランド」へ今すぐ行きたくなるおすすめ観光スポットその8は、「アイリッシュパブ」。アイルランドに来たなら、是非おすすめなのがアイリッシュパブです。人々はパブで語らい、歌い、大いに楽しみます。楽しそうに肩を組んで会話をしていた人が、実は見知らぬ人だった、なんて良くある話です。
観光スポットをめぐるのも旅行の楽しみですが、こんな風に現地の雰囲気を感じられる場所で食事をするのもいいですよね。
おすすめはアイルランド最古のパブ「ショーンズ・バー」や、数々の賞に輝き、音楽パブとして観光スポットにもなっている「デ・バラ」です。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

れもねぇど国際結婚でエジプト移住を目前に控えた25歳☆渡航国数は30ヵ国以上。イスラム圏とヨーロッパが大好きで、経験したアクティビティは数知れず...最近のお気に入りは、ナイル川で泳ぐこと♪

このまとめ記事に関して報告する