• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
北海道を体で感じよう。【登別温泉】エリアの観光スポット7選

みなさんは北海道・登別温泉をご存知ですか?元々、この温泉は現地アイヌの人々に薬として利用されていたといいます。今回は、北海道の大地の雄大さを感じられる日本有数の温泉地帯である登別温泉を周辺の観光スポットとともにご紹介したいと思います。

このまとめ記事の目次

1.【登別地獄谷】

Photo by Aaron Wu
最初にご紹介するのは、登別温泉の源泉地である「地獄谷」です。爆発火口跡である地獄谷からは、毎日1トンもの温泉が湧いているというのだから圧巻です。9種類の泉質が存在するそうです。600mの遊歩道が整備されており、徒歩10分ほどで回りきるので是非お散歩してみてください。硫黄の香りが独特で「地獄谷」と呼ばれた理由がわかる気がすると思います。
Photo by LIONEL-ARTS
Photo by asmt sn
雄大な顔を見せる地獄谷ですが、夜は一味違っています。暗闇の中で、わずかな灯りによってぼんやりと照らしだされる地獄谷はどこか神秘的です。昼のようなにぎやかさが消え、温泉の湧くごぽごぽという音が耳に心地よいですよ。季節ごとにライトアップイベントも行われているようです。

詳細情報

  • 北海道登別市登別温泉町無番地
  • 0143843141

2.【泉源公園】

Photo by Nao Iizuka
次にご紹介するのは、「泉源公園」です。後からご紹介します「第一滝本館」のすぐ目の前、先ほどご紹介した「登別地獄谷」からも徒歩で数分の位置にあり、非常に行きやすいです。こちらは、地獄谷から流れている熱泉の川を利用して作った公園だそうで、ちょっとした広場になっています。常に白い煙が立ち上っていて、北海道の大地の猛々しさを感じることができますよ。
Photo by Nao Iizuka
Photo by Nao Iizuka
ここの見どころはというと、3時間おきに噴き出す熱泉です。運が良ければすさまじい轟音と大量の湯気と共に間欠泉が噴出する様子を見ることができるスポットです。行った時には運試しと思って是非お立ち寄りくださいね。

詳細情報

  • 北海道登別市登別温泉町

3.【のぼりべつクマ牧場】

Photo by jeff~
2番目にご紹介するのは、「のぼりべつクマ牧場」です。登別温泉の中心である温泉街からほど近く、シャトルバスも運航しています。「のぼりべつクマ牧場」では、北海道にしか生息していないエゾヒグマの飼育を行っていて、今では140頭以上が暮らしているようです。餌をやることができるので、ご飯をおねだりするクマたちのかわいい姿も見られますね。小グマのコーナーもありますよ。
クマだけではなく、アイヌ民族の文化遺産も楽しめます。アイヌ民族が使っていた住居や、生活用具などが見学できる貴重な機会になると思います。見応え抜群のおすすめスポットですので是非行ってみてください。

詳細情報

  • 北海道登別市登別温泉町224
  • 0143-84-2225

4.【登別マリンパークニクス】

3番目にご紹介するのは、「登別マリンパークニクス」です。ここは登別駅から徒歩5分の場所に位置する水族館で、アクセスのよさが魅力です。水族館でありながら、パークの中央には大きなお城がそびえ立っていて、その周辺も北欧風の建物が立ち並んでいます。光や音を最大限に利用した神秘的な水槽の「銀河水槽」や、かわいいアシカやイルカのショーがおすすめですよ。
「陸族館」という陸ガメや爬虫類、両生類を見ることができる施設もあります。アナコンダもいますよ。動物たちだけではなく、遊園地も併設されていて1日めいっぱい楽しむことができますね。ちなみに、現在は「帰ってきた!へんないきもの展」が7月15日から11月15日まで開催されています。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する