• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
これで準備バッチリ!ウユニ塩湖で鏡張りを楽しむための必須アイテムはこれだ

近年、テレビ番組や雑誌、SNSなどでよく取り上げられ、かなり知名度が上がってきたウユニ塩湖。筆者は卒業旅行で1か月間南米を周遊した際に、この奇跡の絶景を訪れました。今回はそのウユニ塩湖を120%楽しむための必須アイテムを項目ごとにご紹介します。これからウユニ塩湖への旅行を控えている方は 、是非参考にしてみてくださいね。

このまとめ記事の目次

【1】服装編

鏡張り大好きな日本人は、その絶景を求めて 12月〜3月頃にウユニに行く人が大半だと思います。ボリビアは南半球に位置しているため季節は日本と逆。 しかし、高地のウユニ塩湖は1日の寒暖の差がとても激しいため「脱ぎ着できる服」+「防寒着」で体温調節する必要があるんです。昼と夜では装備が異なる為、ケース別に分けてご紹介していきますね。

①日中の服装

晴れて太陽が出ていれば、日本の春や秋くらいの過ごしやすい気温です。しかし、ウユニは高地にあるということもあり、紫外線量は日本の比ではありません。かつ、塩湖内は塩で覆われた真っ白な地面が広がっているため、照り返しも想像以上!日中の服装は「紫外線対策」に重点を置いて選びましょう。

サングラス

サングラスは1番の必須アイテムといっても過言ではありません!太陽が出ている昼間に塩湖に行く場合は、必ずサングラスをかけましょう。目が痛くなり涙が止まらなくなることもあるので、写真を撮るときだけ外し、それ以外は常にかけておくのがオススメです。
サングラスはウユニの街中でも売っていますが、レンズによっては、見る景色が茶色っぽく色づけされてしまうタイプもある為、それではせっかくの美しい鏡張りが台無し。しっかりUVカットしてくれ、かつ、景色の美しさを損なわないサングラスをあらかじめ用意して持って行きましょう。

帽子

被ってない人もいるようですが、日焼け対策には必須アイテム。特にツバ付のものがオススメです。また風の強い日は帽子が飛ばされそうになるので、ハットクリップで留めておくと安全ですよ。

トップス

トップスはマウンテンパーカーを着ている人多く、さらに、色がカラフルだと白いウユニ塩湖に映えるのでオススメ。日中はTシャツでも寒くはありませんが、日焼け防止の為にも長袖を着用しましょう。
2・3月はカーニバル期間でもあり、町の至るところで「泡や水をかけ合う」という風習があるんです。カーニバルの開催地は、ウユニとラパスの間にあるオルーロという町なのですが、ウユニでも高確率でそのような場面に遭遇する為、街歩きの際は気が抜けません。
カーニバル期間中に行く場合は、泡や水対策に「防水タイプ」を選ぶことをオススメします!

ボトムス

長ズボンを履いている人が大半ですが、筆者は短パン+厚手のレギンスを重ね履きしていました。服を汚したくなかったので、水が張っている場所ではゆっくり歩くことを心がけていたのですが、それでも足の部分は写真のように塩まみれになってしまいました。特にシャンプ写真を撮りたい場合はボトムズだけでなくトップスも汚れてしまう覚悟が必要。できれば捨ててもいいものを持っていくことをオススメします。

長靴

長靴は大きく重たいので持参していくと荷物になりますが、ツアー料金にレンタル代として含まれているケースが多いので、あらかじめ確認しておくことをオススメします。しかし、足のサイズが小さい場合は、現地には小サイズの長靴は数が少ないため持参していくのが安心。足の小さい女性はちょっと注意して下さいね。
長靴の選び方のポイントは、少しきつめの長靴を選ぶこと。なぜなら、数センチの深さの水が張っている塩湖内では、長靴が脱げやすいからです。実際に自分の足のサイズに合わない長靴を選んだばかりに、途中で長靴が脱げてしまった人を何度も見かけました。
また足が塩まみれになることを承知でサンダルを履いている人も見かけますが、肌が弱い人が塩湖に素足で浸かると、 痒くなったり荒れたりすることもあるので注意が必要です。

②朝・夜(星空鑑賞)の服装

標高の高いウユニ塩湖の夜はものすごく寒いです。また星空を見るためには、長時間、寒空の下でじっと待機していなくてはなりません。運が悪ければ風も吹きます。そのため防寒対策は必須!

アウター

特に冷える夜間はマウンテンパーカーの下にダウンとセーターの両方を羽織るような完全装備で臨みましょう。筆者は持っていたありったけの衣服を着込みました!

レギンス・靴下

このまとめ記事に関連するタグ

もっと見る

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

yukari*旅が大好物な27歳。訪問国は45カ国以上。大学在学中、世界一周旅行を実現。社会人となった今でも、連休が取れれば真っ先に海外へ。目標は死ぬまでに100ヵ国制覇!

このまとめ記事に関して報告する