• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
気分は冒険家。一度は泊まってみたい夢のような世界の“洞窟ホテル”7選

旅行が好きな方、きっと多いはず。たくさん旅行に行っていると、普通のホテルや旅館じゃもう飽きてしまう方もいるのでは?一風変わった旅を求めるあなたに、今回は世界の「洞窟」の中に泊まれる「洞窟ホテル」を紹介していきたいと思います。(※掲載されている情報は2018年5月に更新されたものです。必ず事前にお調べください。)

このまとめ記事の目次

1.ミュージアムホテル/トルコ・カッパドキア

はじめにご紹介するのは、トルコ・カッパドキアにある「ミュージアム・ホテル」です。「洞窟ホテル」といえば、カッパドキアを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。元々は鳩の巣のために利用されていた洞窟をくりぬき、ホテルとして利用したのだそうです。
トルコというだけあって、とってもエキゾチック。ごつごつとした岩肌だけでなく、家具やラグまでもトルコ風で素敵です。どこを切り取ってもフォトジェニックですね!テラスからは谷が見えて、眺望も満点。

詳細情報

  • Göreme Cd., 50240 Uçhisar Belediyesi/Nevşehir Merkez/Nevşehir, Turkey
  • +90 384 219 22 20

2.ザ・ヴィレッジ・ケーブ・ホテル/トルコ・カッパドキア

次にご紹介するのは、同じくトルコ・カッパドキアにある「ザ・ヴィレッジ・ケーブ・ホテル」です。先ほどの「ザ・ミュージアムホテル」に比べて岩肌がごつごつとしていて荒涼、よりワイルドな印象ですね。実はトルコ、食事がおいしいことで有名な国です。例にもれず、このホテルの食事もとっても評判がいいので是非召し上がってください。
食事も美味しく、内装も素敵。全部屋にチャイマシーンがついているので好きなだけチャイを楽しむことができます。この満足度で、日本円にして8000円~で宿泊できるというのだから驚きです。カッパドキアの「洞窟ホテル」はたくさんありますが、有名さでいったらここが一番だそう。

詳細情報

bookingで見る 他の提供元を表示3件
  • Cavusin Koyu Avanos Cappadocia50580 チャウシントルコ

3.デザートケーブホテル/オーストラリア・クーバーペディ

次にご紹介するのは、オーストラリア・クーバーペディにある「デザート・ケーブ・ホテル」です。中心地からほど近い場所にあり、アクセス良好。オレンジの照明と独特の壁の模様がいい雰囲気ですね。岩山を横にくりぬいていってホテルに利用したんだそうです。
「リラックスする」ことをテーマにしたホテルなので、そのための設備やサービスは充実しています。プールやバーはもちろん、カジノまで。アメニティにもこだわりがあるそうですよ。オーストラリアでラグジュアリーな体験がしたい方におすすめです。

詳細情報

bookingで見る 他の提供元を表示5件
  • Hutchison Street5723 クーバーペディオーストラリア

4.ロガンダ・ディ・サン・マルティーノ・ホテル/イタリア・マテーラ

次にご紹介するのは、イタリア・マテーラにある「ロカンダ・ディ・サン・マルティーノ」です。みなさんは「マテーラ」をご存知ですか?イタリアの石灰岩の浸食によってできた洞窟を利用した住居群のことで、ユネスコの世界遺産にも登録されています。旧石器時代の遺跡が見つかったこともあるそうで、とても長い歴史があることが窺えますね。
この渓谷の中心には、大聖堂があるそうです。徒歩でたったの400mの距離にあるので、宿泊した際には是非行ってみてください。バルコニーからの景色もとってもきれいなので、カップルにおすすめです。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

関連する特集この記事に関連する特集

  • 旅行といえば観光スポットを巡って美味しいグルメを食べて…が楽しいポイントで...

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する