• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
古い町並みをぶらり散歩。韓国「北村韓屋マウル」の魅力を徹底解剖

韓国の「北村韓屋(プッチョンハノン)マウル」というエリアをご存知ですか。韓国の伝統的な家屋が今も残っている場所です。朝鮮時代は当時の高官が住んでいたとされます。古い美しい街並みが残っており、ぶらり散歩するだけでもおすすめです。今回は、そんな「北村韓屋マウル」の魅力をお届けします。(※掲載されている情報は2017年11月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

このまとめ記事の目次

韓国の歴史あるエリア

「北村韓屋(プッチョンハノン)マウル」は、王朝時代の王宮である「昌徳宮(チャンドックン)」と「景福宮(ギョンボックン)」の間に位置する街です。合わせて観光したいエリアですね。
「昌徳宮(チャンドックン)」は朝鮮王朝の宮殿の中で、最も美しいと言われています。その美しさは、ユネスコの世界文化遺産にも登録されるほど。「景福宮(ギョンボックン)」も韓国ドラマでよく映る古宮として有名ですね。

詳細情報

  • 161 Sajik-ro, Sejongno, Jongno-gu, Seoul, Korea, Republic of Korea
  • +82 2-3700-3900
  • ソウル市 鍾路区(チョンノグ) 栗谷路(ユルゴンノ)99
  • +82 2-762-8261

韓国・北村韓屋(プッチョンハノン)マウルって?

歴史と伝統

3つの王宮の間にあった「北村韓屋(プッチョンハノン)マウル」には、朝鮮時代の当時の多くの貴族が住んでいました。今も当時から使われている韓国の伝統家屋「韓屋」の街並みが残っています。
「韓屋」は一般的に瓦屋根の家のこと。全てが自然素材でできた家は、温かい雰囲気にあふれています。また、「オンドル」という床暖房の設備があるのも特徴のひとつです。それでは、そんな「韓屋」の街のおすすめスポットをご紹介しています。

北村八景

※ 北村八景のひとつ。嘉会洞路地の下り。

まず、ご紹介するのは「北村八景」です。これは、北村韓屋(プッチョンハノン)マウルの魅力を伝えるため、ソウル市が選定した8つのスポット。所要時間は2時間~3時間程度。素敵なカフェやお店があるので、色々と散策しながら回るのがおすすめです。
※ 北村八景のひとつ。三清洞石段.

※ 北村八景のひとつ。三清洞石段.

※ 北村八景のひとつ。嘉会洞の路地。

※ 北村八景のひとつ。嘉会洞の路地。

八景を回っていると、階段や坂道が多くあります。しかし、美しい街の姿を上から見たり、下から見上げたり、色々な角度から見ることが出来ます。細い路地の素敵な雰囲気も、またたまりません。

北村展望台(プッチョンチョンマンデ)

次にご紹介するのは、「北村展望台(プッチョンチョンマンデ)」。ここは、北村韓屋(プッチョンハノン)マウルを一望するのにおすすめなスポットです。しかも、普通のマンションの一室にあるのです。
北村展望台(プッチョンチョンマンデ)は、カフェになっています。何かを飲みながら、美しい景色を堪能するのもいいですね。穴場ゆえに、観光地の中でこころがほっとする場所でもあります。

チマチョゴリを着てみよう

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

hatomugiビールは世界を救う。

このまとめ記事に関して報告する