• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
元在住者が教える!シンガポールの“おすすめな夜の過ごし方”7つ

東京から片道7時間40分ほどで到着するシンガポールは、日本と同じアジア圏にあるということで、人気の旅行先ですよね。せっかくの海外旅行に出かけるなら、夜まで存分に楽しみたいもの。そこで、今回は元在住者の私が、「シンガポールのおすすめな夜の過ごし方」をご紹介します。(※掲載されている情報は2017年11月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

このまとめ記事の目次

【1】ローカルフードのディナーを楽しむ

※写真はイメージです。

最初にご紹介するシンガポールのおすすめな夜の過ごし方は、「ローカルフードのディナーを楽しむ」ことです。シンガポールは多民族国家であるがゆえ、様々な国の文化が混ざった、絶品ローカルフードを堪能することができます。

おすすめスポット:JUMBO Seafood(ジャンボ・シーフード)

チリクラブ、揚げパン

おすすめの1つの「JUMBO Seafood」は、チリクラブの有名店です。チリクラブとはカニを豪快に殻ごと、ピリッと辛い卵の入ったチリソースで炒めた料理で、濃厚なソースの絡まった柔らかなカニが絶品です。追加でほんのり甘い揚げパンを注文して、ソースに絡めていただくのがおすすめですよ。

おすすめスポット:Lau Pa Sat(ラオパサ) Festival Market

「Lau Pa Sat Festival Market」は、とにかく種類豊富な屋台がたくさん集まっているので、1度に色々なローカルフードを試してみたい!という方におすすめです。特に夜限定でオープンする"サテー"と呼ばれる、マトンやチキンを串焼きにした料理がおすすめ。付け合わせのほんのり甘いピーナッツソースとの相性が抜群ですよ。

詳細情報

guruyakuで見る
  • 30 Merchant Road #01-01/02, Riverside Point, Singapore 058282
  • 6532-3435

【2】ナイトサファリを楽しむ

2つ目にご紹介するシンガポールのおすすめな夜の過ごし方は、「ナイトサファリを楽しむ」ことです。世界初の夜行性の動物のために作られた動物園で、1000頭を超える夜行性の動物たちが暮らしています。
トラムに乗って園内を回れば、動物たちを間近で見ることができます。日本語の解説付きのトラムもあるのが嬉しいですよね。動物たちの吠える声や足音まで聞こえてきて、かなりの迫力ですよ。フラッシュを使った写真撮影は禁止されているので、しっかりと自分の目に焼き付けておいてくださいね。
トラムだけでなく徒歩のコースもあるので、じっくりと自分のペースで夜行性の動物を見たいという方は利用してみてくださいね。また、カワウソなどの夜行性動物によるナイトショーも必見です。動物たちの驚異的な能力の数々に、驚きが止まりません。

詳細情報

  • Singapore
  • (65) 6269 3411

【3】マリーナベイサンズのライトショーを楽しむ

3つ目にご紹介するシンガポールのおすすめな夜の過ごし方は、「マリーナベイサンズのライトショーを楽しむこと」です。船の形をしたプールが有名なこちらのホテルでは、毎夜光と水のショー"SPECTRA(スペクトラ)"を楽しむことができます。
最新のレーザー技術とパワフルな噴水、そしてプロジェクションマッピングが融合したショーは、大変迫力があります。カラフルに浮かび上がる光と勢いのある噴水、そして素敵なサウンドに心を奪われること違いありません。音と水と光のシンフォニーを、楽しんでくださいね。
ショーの時間は日曜日~木曜日が午後8時と9時の2回、金曜日・土曜日が午後8時、9時、10時の3回の上演です。こんなにも迫力のあるショーを無料で見ることができるなんて、素敵ですよね。

詳細情報

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する