• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
雪と光が織りなす自然のページェント。厳冬が作り出す北日本の絶景9選

皆さんは北海道、東北の冬と聞いたときに何を想像するでしょうか。寒そうだなとイメージする人が多いと思います。確かに寒いです。しかし寒さが厳しいからこそ作り出される絶景が確かにそこにはあります。そこで今回は冬の北海度、東北だからこそ見ることのできる絶景をご紹介していきたいと思います。(※掲載されている情報は2017年11月現在のものです。)

このまとめ記事の目次

【1】八幡平の雪の回廊/岩手県

まず初めに紹介するのは、岩手県の雪の回廊です。この回廊は八幡平へと続くドライブコース「アスピーテライン」に出現します。アスピーテラインは冬の時期は閉鎖されていますが、春の開通の時期にはまだ雪が残っており、このような景色を見ることができます。
東北ではいくつか雪の回廊を見ることが出来ますが、7~8mの高さかつ総延長27mまでなる八幡平は東北で最も高く、長い回廊です。その高さゆえ、GWの遅い時期まで見ることが出来ます。近くには十和田八幡平国立公園もあり、雪の回廊と桜を両方楽しむことのできる国内でも稀有なスポットです。

スポット情報

  • 岩手県八幡平市 十和田八幡平国立公園
  • 0195-74-2111

【2】蔵王の樹氷/山形県

2番目に紹介するのは、山形県の蔵王連峰で見られる樹氷です。東北最大級のこの樹氷は日本海から吹く季節風の影響で、樹木が氷雪に包まれることで形成されます。その迫力と見た目から「アイスモンスター」と形容され、例年2月に最盛期を迎えます。
この蔵王の樹氷はロープウェイで楽しむことが出来るので、体力に自信のない方でも気軽に見に行くことが出来ます。また夜にはライトアップされた樹氷を雪上クルーザーで見に行くツアーもあるので昼とはまた違った樹氷を見ることができ、例年人気のスポットとなっています。

スポット情報

  • 山形県山形市蔵王温泉
  • 023-694-9328

【3】弘前城雪灯篭まつり/青森県

3番目に紹介するのは、青森県弘前市で毎年行われている弘前城雪灯篭まつりです。このお祭りは1977年から続いているお祭りで、例年2月に行われています。弘前城本丸から岩木山に向かって望む蓮池の周りには、ローソクを灯したミニカマクラ約300基が並び、夜になると灯がともります。
Photo by -
Photo by -
また市民や団体が制作した武者絵をはめ込んだ雪灯篭の展示や弘前城天守閣のライトアップなどもあり、雪と光の世界を楽しむことできます。メイン会場には大雪像や大型滑り台も設置されるので、恋人と行っても家族と行っても楽しむことのできるイベントです。

スポット情報

  • 青森県むつ市田名部町3-9
  • 0175227914

【4】小樽運河/北海道

4番目に紹介するのは北海道小樽市の小樽運河です。この運河は北海道開拓の玄関口として大正時代に造られた運河です。海岸沿いを埋め立てて造られたため、湾曲しているという特徴を持っています。
Photo by tokyo_jin
そんな小樽運河は季節ごとに違った景色を楽しむことができ、特に冬は雪の積もった歩道や石造倉庫群を眺めることが出来るだけでなく、キャンドルが街を照らす「小樽雪あかりの道」といったイベントも開催されるので、冬の景色を心おきなく楽しめるスポットです。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

siesta0248三度の飯より昼寝が好きです。

このまとめ記事に関して報告する