• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
時間を忘れる贅沢旅を。東京都が誇る自然の楽園“新島・式根島2泊3日プラン”をご紹介

ああもうこんな時間だと時間に追われる日々を過ごす皆さん。時間に追われているといつしか心も身体も疲れてきてしまいますよね。そんな心と身体が疲れ切ってしまった時に訪れたい、時間を忘れる贅沢TRIPができるスポット、東京都の新島・式根島2泊3日のおすすめプランを紹介します。(※掲載されている情報は2017年11月現在のものです。船のダイヤは期間によって大きく異なるので事前に調べておくことをおすすめします。)

このまとめ記事の目次

~1日目~

午前:新島到着

新島へ行く船は夜に出航する大型船と、朝に出港するジェット船の2種類が運行しています。どちらも東京の竹芝桟橋から出航しており、大型船でおよそ10時間半、ジェット船でおよそ3時間となっています。飛行機を利用する場合は、“調布空港”から新島空港まで約40分という短い時間で訪れることができます。
新島を効率的に観光するにはレンタルサイクルをオススメします。自然がたくさん残されている島なのでアップダウンがきつい場所はあるので、免許を持っている場合はレンタルバイクやレンタカーという移動手段もありますよ。

午前~お昼:羽伏浦海岸で写真撮影

1日目の午前に訪れたいスポットは「羽伏浦(はぶしうら)海岸」です。青い海と空が視界いっぱいに広がるのはもちろんですが、ここには海岸に入る前に真っ白な建物があります。ここが新島で1番フォトジェニックなスポットです。
砂浜に降りると、約7kmもあるかなり長い海岸線を眺めることができます。海と空だけでなく、海岸から少し左側を見てみると緑に覆われた荒々しい山がそびえたっています。

詳細情報

  • 東京都新島村
  • 04992-5-0284

お昼頃:pool/parkでランチ

新島でのお昼ご飯は「pool/park」でいただきましょう。新島にあるとってもおしゃれなカフェですが、おしゃれでありながら料理の味も絶品。外のテラス席もあるので自然の空気にあたりながら美味しい料理を頂きたい人にはテラス席もおすすめです。
新島でとれた海の幸がふんだんに使われた新島独自の“島ポキ丼”が絶品です。赤イカやまぐろなどの海鮮をメインに、玉ねぎやのりを散らした海鮮丼です。味覚でも新島を感じたい人にはおすすめのメニューです。

詳細情報

  • 東京都新島村本村2-9-23
  • 0499250048

午後:新島のアートに触れる

腹ごしらえが済んだら新島のアートに触れるために「新島ガラスアートミュージアム」と「本村前浜」に行きましょう。ユニークかつ美しいガラスの芸術品がたくさん展示されている新島ガラスアートミュージアムの隣接する施設では自分自身でガラス細工を作成できる体験も行っています。
「海岸に並ぶモアイ像と壁のアート」もおすすめです。新島の名産品であるコーガ石で作られたモアイ像や石のアートが海岸沿いに並んでいます。渋谷のモアイ像も新島産なんだとか。

詳細情報

  • 東京都新島村間々下海岸通り
  • 04992-5-1840
  • 東京都新島村本村
  • 04992-5-0240

夕方頃:石山展望台で絶景の夕日を眺望

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

Zaibatsu-KaitaiSUISUI星人

このまとめ記事に関して報告する