• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • はてぶ
  • あとで
午前だけで京都を味わう!朝イチから巡る京都「東山」半日満喫プラン

どこかおでかけしたいと思うものの忙しくて一日休みのない日はなかなか取れないという方いませんか?特に紅葉シーズンは京都で紅葉でも眺めながら息抜きしたいもの。今回はこの秋、大阪に用事のあった東京在住の筆者が夜行バスで朝6時に着いてからお昼過ぎまで満喫しきった『京都「東山」半日満喫プラン』をご紹介します。(※掲載されている情報は2017年11月に公開したものです。必ず事前にお調べ下さい。)

このまとめ記事の目次

【6:00】 京都駅到着

さあ、東京を23時に出たバスがようやく到着です。寝れはしたものの、若干狭かったので腰が少し痛い…バスを降りると秋風吹くひんやりとしたとても清々しい朝でした。お腹はすいていたもののここは我慢して観光へと急ぎます。ちなみに一応RETRIPでおすすめの京都朝食を探していたところ、こんないい記事があったので朝食をお探しの方は参考にしてみてください。

▼おすすめの“京都朝食”はこちら

【6:20】 三十三間堂・京都国立博物館の脇を通過

タクシーやバスでの移動でもよかったのですが、あまりに清々しい朝だったので筆者は歩いて観光することにしました。京都駅を東方向に進んでいき、鴨川を超えます。土曜日の朝でしたがほとんどこの時間帯は人も歩いていません。歩いていくと見えてくるのが「三十三間堂」です。
三十三間堂の拝観時間は8時からだったので、まだ中には入れません。1000体の等身大千手観音立像など重要文化財が多くあると聞いたことがあったので少し残念でしたが先に進みます。すると見えてくるのが「京都国立博物館」です。こちらも9:30開館なので、中には入れませんが、大きな話題になる特別展が開催されるので、いつかは行ってみたい場所ですね。

詳細情報

hotelsCombinedで見る
  • 京都府京都市東山区三十三間堂廻リ657
  • 0755610467
hotelsCombinedで見る
  • 京都府京都市東山区茶屋町527
  • 075-541-1151

【6:40】 清水寺へ

清水寺へと向かう道も境内にも人はまばら。とても静かな雰囲気は朝一にしか味わえないものだなと感じ、筆者も感動しました。11月上旬には紅葉の色づきもまだまだですが11月下旬にかけてピークを迎えます。ちなみに6時から入れます。
しかし、2020年まで清水寺本堂は工事中。舞台からの景色は見ることができましたが圧巻の舞台そのものの景色が見れるのはまだまだ先になりそう。工事の足組の間から景色を眺めるという今しかない眺望スポットもありました。
境内の朝のお散歩は最高です。鳥のさえずりも聞こえ、朝活最高!という気分はますます高まっていきます。また、夜の紅葉ライトアップはどんな感じなんだろうなあとまたRETRIPで夜の清水寺の様子を見てみます。夜の紅葉ライトアップもいいですねえ。早く工事も終わってほしい…

詳細情報

清い水の地に建つ観音様のお寺
  • 京都府京都市東山区清水1‐294
  • 075-551-1234

京都の紅葉ライトアップはこちら

【8:00】 清水寺周辺を散策

清水寺を出て、近くの古い街並みを巡ります。この時間になると、日も出てきて人の姿もぽつぽつと現れてきます。清水寺の周りは石畳の趣がある道が多く、思わず写真をパシャリ。お昼になると、人も多くなるので朝一がやはりおすすめですね。
しかし、お昼にもお昼の醍醐味があります。朝一だとお店もあいていないので、食べ歩きもできませんが、清水寺の周りには食べ歩きスポットも多くあります。RETRIPを見ているとお腹がすいてきました。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する