• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
個性的な魅力がたくさん!名古屋市西区の観光スポット7選

みなさんは名古屋といったら何を思い浮かべますか?金のシャチホコがきらめく名古屋城を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。しかし名古屋市西区にもたくさんの魅力が詰まっていますよ。そこで今回は、名古屋市西区の観光スポットをご紹介します。

このまとめ記事の目次

時代の流れが色濃く残る、名古屋市西区

名古屋市西区は、名古屋駅や丸の内からほど近く、商業施設やオフィスビルが立ち並ぶ一方で、なつかしい街並みが残る「四間道」や日本のものづくり文化を感じられるとても魅力あふれる街なんです。

①ノリタケの森

最初におすすめする観光スポットは、ノリタケの森。レストランやミュージアム、アウトレットなど様々な施設が入っている複合施設で、小さなお子様から大人まで皆が楽しむことができますよ。亀島駅から徒歩5分というアクセスの良さと、入園料が無料なのが嬉しいポイントですよね。
ここで大人気なのが、世界的に有名な陶磁器の“ノリタケ”のアウトレットショップ。繊細な美しさをたたえる食器達は、見ているだけでも充分に楽しめます。敷地内のレストランではノリタケの食器を使った料理を堪能できるので見て、使って体感できるのが良いですよね。
  • 愛知県名古屋市西区則武新町3丁目1−36
  • 0525617114

②カブキカフェナゴヤ座

歌舞伎というと、日本の伝統芸能ですが観に行くのに少しハードルの高さを感じる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方にはカブキカフェナゴヤ座はおすすめ!歌舞伎とカフェが融合してできたお店で、カジュアルに歌舞伎が楽しめるのが魅力です。
全40席で舞台と客席が近いので役者さんの息づかいまで感じられて迫力満天。純粋にエンターテイメントとして楽しめます。ワンドリンク制のチケット販売をしていてお食事メニューはありませんが、食べ物の持ち込みは可能なので近くの商店街のお弁当を持って行くのがおすすめです。
  • 愛知県名古屋市西区那古野1-21-21ハモニカ荘2F
  • 08097243049

③四間道 (Shike-michi Rd.)

四間道(しけみち)は、築100年以上の古民家が建ち並ぶ事で今SNSを中心に話題を集めている観光スポット。歩いているだけで日本の情緒が感じられて、ゆったりとした気分になれますよ。名古屋駅から徒歩で行くことができるので、ちょっとした時間に寄ってみて下さいね。
近年は古民家をリノベーションしたカフェやギャラリーなどが続々オープンしていて、観光途中の休憩をするのもおすすめ。どこもおしゃれでフォトジェニックなお店ばかりなので、女子はテンションが上がる事間違いなしですよ。趣ある街並みで、心癒されて下さいね。
  • 愛知県名古屋市西区那古野1丁目

④名古屋ルーセントタワー

4軒目にご紹介する名古屋ルーセントタワーは、曲線が美しい名古屋のランドマーク的なタワー。名古屋駅に直結しているので、雨の日でも濡れることなくたどり着けるのが嬉しいですよね。レストランが数多く入っているので、名古屋の景色を眺めながらの食事を楽しむことができます。
見逃せないのが、クリスマスシーズンのイルミネーション。青を基調にしたイルミネーションは幻想的な世界を作りだしていて、デートで訪れたカップルをロマンチックな雰囲気にしてくれます。地上から楽しんだ後に、スカイラウンジで1杯。なんて楽しみ方もおすすめです。
  • 愛知県名古屋市西区牛島町6−1
  • 052-589-0631

⑤トヨタ産業技術記念館

トヨタ産業技術記念館は、日本人だけでなく外国人観光客にも絶大な人気を誇る観光スポット。織機を作っていた頃からのトヨタの歩みを詳細に展示してあり、知的好奇心が満たされます。展示そのものの質が高いだけでなく、体験できるコーナーも充実しているのが特徴です。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する