• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
観光にもビジネスにも!名古屋丸の内のおすすめホテル7選

名古屋・丸の内は、北には名古屋のシンボル「名古屋城」や県庁・市役所が、南には名古屋駅や名古屋テレビ塔などがあり、名古屋の中心地でもあるところです。今回は、そんな観光にもビジネスにも便利な丸の内のおすすめホテルをご紹介します。

このまとめ記事の目次

名古屋のオフィス街 丸の内

※画像はイメージです。

名古屋・丸の内はたくさんのオフィスビルが立ち並ぶオフィス街です。一方で、名古屋のシンボル「名古屋城」からも近いことから観光に便利な立地でもあるといえます。今回は、ビジネスにも、観光にも便利な丸の内のおすすめホテルをご紹介します。

①KKRホテル名古屋(国家公務員共済組合連合会名古屋共済会館)

最初におすすめするホテルは、KKRホテル名古屋。2017年10月にリニューアルオープンしたホテルなので、館内は清潔感に溢れていてとても居心地が良いのが嬉しいポイントですよね。名古屋随一の観光スポットでもある名古屋城まで徒歩5分なので、観光の拠点にぴったりです。
緑が多く、とても静かな環境が魅力の1つ。全室にシモンズ社製のベッドが導入されているので、夜もぐっすりと眠る事ができます。シングルでも広々としたベッドなので、ゆったりと過ごせますよ。重厚感のあるインテリアでまとめられているので、落ち着いた空間になっています。

②東横IN 名古屋丸の内

美味しいグルメが多い事でも有名な名古屋。グルメを満喫するためにホテル代はできるだけ抑えたい、という方にぴったりなのが東横INN名古屋丸の内。全国各地に展開している大手のビジネスホテルチェーンで、会員になれば更にお得に宿泊することができますよ。
大手が経営しているだけあって、使い勝手が良いのが魅力。名古屋駅からホテルまで無料のシャトルバスが巡回しているので、アクセスの良さも抜群です。雨の日でも重い荷物を持って歩き回ることなくホテルにたどり着けるのが良いですよね。会議室もあるのでビジネスにも最適です。
  • 愛知県名古屋市中区丸の内1-4-20
  • 0522231045

③アイリス愛知

結婚式場を併設しているアイリス愛知は、落ち着いていて上品な雰囲気が漂っています。エントランスを抜けて真っ先に足を踏み入れるロビーは吹き抜けなので、開放感抜群でとても明るいのが特徴です。丸の内駅から徒歩7分というアクセスの良さも、嬉しいポイントですよね。
このホテルで是非利用して頂きたいのが、朝食バイキング。和洋のジャンルを問わず用意されていて、朝から自分の好きなものを好きなだけ食べられます。朝からお腹いっぱい食べれば、エネルギッシュな1日を送ることができますよ。種類が多いので、連日食べても飽きません。
rakutenで見る 他の提供元を表示2件
  • 名古屋市中区丸の内2-5-10
  • 052-223-3751

④アパヴィラホテル<名古屋丸の内駅前>(アパホテルズ&リゾーツ)

4軒目にご紹介するアパヴィラホテル<名古屋丸の内駅前>は、世界にも展開している日本有数のビジネスホテル。名前を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。ビジネスホテルにしては珍しく大浴場があるので、のびのびとバスタイムを楽しむことができます。
丸の内駅から徒歩1分という好立地で、名古屋だけではなく周辺の観光スポットにも行きやすいのがポイント。チェックアウトは指定のボックスに鍵を入れるだけなので、スムーズに退室できるのが嬉しいですよね。アメニティも充実していて、何不自由なく過ごすことができますよ。

⑤ホテルウィングインターナショナル名古屋

アメニティが用意されている数では足りない!なんて困ったことありませんか?そんな悩みが解消されるのが、ホテルウィングインターナショナル名古屋。このホテルではロビーに置いてあるアメニティの中から必要なものを必要な数だけ部屋に持っていくシステムなので、困りません。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する