• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
中世にタイムスリップ!ヨーロッパにある“世にも美しい”宮殿7選

ヨーロッパの建物ってどれも見た目が美しく、見ていて飽きないですよね。中でも宮殿は「一体出来上がるまでにどれくらいの年月を費やしたのだろう」と思ってしまうほど立派ですね。そこで今回はヨーロッパにある“世にも美しい”宮殿を7つご紹介したいと思います。ヨーロッパを訪れた際には立ち寄ってみてはいかがですか?(※掲載されている情報は2017年12月現在のものです。必ず事前にお調べください。)

このまとめ記事の目次

①ドゥカーレ宮殿(イタリア)

まず1つ目にご紹介するヨーロッパにある“世にも美しい”宮殿は、イタリアの「ドゥカーレ宮殿」です。9世紀の城塞が14世紀ごろから改築され、現在の姿になったここは共和国の政庁兼宮殿として使用されてきました。
ここの見所はその壮麗なゴシック建築だけではありません。大評議会の間にある『天国』という絵画は世界最大の油絵と言われており、その大きさはおよそ縦7.45m、横24.65mもあります。

詳細情報

  • S. Marco, 1, 30124 Venezia VE, Italy
  • +39 041 271 5911

②シェッツラー宮殿(ドイツ)

2つ目にご紹介するヨーロッパにある“世にも美しい”宮殿はドイツの「シェッツラー宮殿」です。銀行家だったリーベルト・フォン・リーベンホーフェンによって建てられたこの宮殿は、現在州立絵画館なども併設しており様々なコレクションを楽しむことができます。
内装はとても華やかで、ヨーロッパの中世を感じさせてくれるところがあちこちにあります。中でもマリーアントワネットも立ち寄ったと言われる「祝祭広間」は圧巻なのでぜひ訪れてみてくださいね。

詳細情報

  • Maximilianstraße 46, 86150 Augsburg, Germany
  • +49 821 3244102

③バッキンガム宮殿(イギリス)

3つ目にご紹介するヨーロッパにある“世にも美しい”宮殿はイギリスの「バッキンガム宮殿」です。ヴィクトリア女王以来歴代のロイヤルファミリーが住むここは、現在も使われている世界でも数少ない王宮です。
夏に女王がスコットランドに滞在している間、ここでは一般公開がされます。その期間はまるでおとぎ話の中に出てくるような、美しい絵画や家具などを見て楽しむことができます。ぜひイギリスのロイヤルファミリーの生活の片鱗を見てみてはいかがでしょうか?

詳細情報

  • 7 Buckingham Palace Rd, Westminster, United Kingdom
  • 020 7766 7300

④フォンテーヌブロー宮殿(フランス)

4つ目にご紹介するヨーロッパにある“世にも美しい”宮殿はフランスの「フォンテーヌブロー宮殿」です。フランスで最も大きい宮殿であるここは、1981年にユネスコ世界遺産に登録されました。
歴代のフランス国王だけでなく、フランス革命後ナポレオンも愛したと言われるこの宮殿は、見ているだけでその歴史を感じさせてくれます。また宮殿だけでなくその広い庭も見所の一つです。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する