• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
これぞまさにライオンキングの世界。“動物天国”ケニア4日間の旅がすごすぎた

野生動物の宝庫として知られている南アフリカ大陸にあるケニア。ケニアの観光といえば、大草原に住む動物たちを車に乗って観察するゲームサファリですね。ライオンやヒョウ、キリン、ゾウなど種類豊富な動物たちがサバンナで伸び伸びと生活している姿に出会えます。ケニアには国立保護区や国立公園がいくつもありますが、動物の種類や個体数、景色も違うので、その中でもサファリツアーで人気の場所をご紹介します。

このまとめ記事の目次

ケニアってどんな国?

アフリカの西部に位置する国、ケニア。日本から直行便はないので、アラブ首長国連邦の都市であるドバイ経由もしくはアブダビ経由などで、乗り継ぎ時間を合わせてナイロビまで20時間以上かかります。もしくは、タイのバンコクまで飛び、そこからナイロビまで直行便で所要時間約16時間が最短ルートです。
photo by travelvibes
国土面積は日本の1.5倍ほど。赤道直下の国ですが、ケニアは「暑い」というよりむしろ「涼しい」と感じることが多いです。”冬のない軽井沢”という表現をされるほど、年間を通じて快適に過ごすことができます。
by -
サファリ旅行で訪れる高原地帯は、標高1700メートルほどなので、日差しがない早朝や夜は冷え込みます。ベストシーズンは、6月から10月の大乾季。また12月中旬から3月の間も雨が少なく、気温も26度ほどと高めでジメジメした不快感はないので、旅行しやすい季節です。
photo by travelvibes
アフリカといえばやはり大自然を思い浮かべますよね。ケニアの観光といったら、ゲームドライブ、すなわち動物サファリです。車に乗って、大草原に住む野生の動物たちを生で見ることができるツアーです。
photo by travelvibes
ケニアには、いくつもの国立公園と保護区があり、まさにそこは野生動物たちの宝庫です。今回私は、「マサイマラ国立保護区」と「ナクル湖国立公園」と「ナイバシャ湖」を回ってきました。

【1日目、2日目】マサイマラ国立保護区

photo by travelvibes
ケニアで一番人気の高いサファリツアーのスポットは、最も野生動物の個体数と種類が多いとされる「マサイマラ国立保護区」。大阪府と同じくらいの広さのため、2日かけて回りました。
photo by travelvibes
”ライオン王国”と言われるほどライオンの生息数が多いため、「マサイマラ国立保護区」に行ったら、必ずと言ってもいいほどライオンに出会えます。他にも、チーターなどの珍獣や、大型動物も多く生息しています。
さらに、「マサイマラ国立保護区」の名物と言われているのが、”ヌーの川渡り”。毎年7月から10月にかけて「マサイマラ国立保護区」とタンザニアの「セレンゲティ国立公園」の間に見ることができます。
さらに、「マサイマラ国立保護区」では、熱気球に乗って、上空からサバンナを堪能する”バルーンサファリ”ができます。気球に乗るツアーは、早朝のため、朝日が地平線から昇ってくる感動的な絶景を見ることができます。上空から野生動物を観察できるのも、貴重な体験ですね。

詳細情報

  • Mara Triangle - Maasai Mara National Reserve, Kenya

【3日目】ナクル湖国立公園

photo by travelvibes
3日目は、「ナクル湖国立公園」に。世界遺産にも指定されている地域で、乾季の時期でも、公園内は、緑で生い茂っており、「マサイマラ国立保護区」とはまた違った景色が広がっています。シロサイや、フラミンゴなどの数が減ってきているような動物や、珍しい動物の保護も行っているようです。

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する