• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
  • シェア
  • はてぶ
  • あとで
野生のライオンと目が合う!マサイマラ国立保護区で忘れられない体験をしてきた

「マサイマラ国立保護区」の存在をご存知でしょうか?日本人には馴染みのない旅行先「ケニア」の最も有名な観光スポットです。ケニアでの観光といえば、車に乗って野生動物を観察するサファリツアーですが、マサイマラ国立保護区は”ライオン王国”と言われるほどライオンに出会える確率が高く、他にもゾウやキリンなど数多くの野生動物が生息しています。動物好きなら必ず訪れてほしいマサイマラ国立保護区についてご紹介します。

このまとめ記事の目次

マサイマラ国立保護区って、どんなところ?

「マサイマラ国立保護区」は、ケニアの南西部にある野生動物の宝庫として世界的に有名な場所です。ケニアのサファリツアーの中でも、一番の目玉とされるのがマサイマラ国立保護区で、この周辺の地域では、野生動物の種類も個体数もマサイマラが最も多いとされています。
photo by travelvibes
マサイマラ国立保護区に行くには、まずケニアのナイロビ空港まで乗り継ぎを合わせて所要時間は20時間ほど。さらにナイロビ空港からは、車で4時間ほどかかります。一年を通してサファリはできますが、雨の少ない乾季、すなわち12月から2月と、6月から10月がベストシーズンとされています。

これぞまさに“ライオンキング”の世界。

photo by travelvibes
マサイマラ国立保護区には、シマウマ、キリン、ゾウ、ヌーといった草食動物から、ライオンやチーターなどの肉食動物まで、数えきれないほど様々な種類の野生動物たちが生息しています。
photo by travelvibes
ここは、まさに弱肉強食の世界。早朝ドライブに行けば、肉食獣が狩りをしている姿を見ることができる可能性も。草食動物のヌーを捕食し終わって、ヌーの残骸を目の前に昼寝をしているメスライオンを目にした時は、自然の中で生きる厳しさをひしひしと感じました。
photo by travelvibes
アフリカ全体でもライオンの数は、3万2000頭に満たないそうですが、マサイマラ国立保護区はその中でもライオンの密集地です。2009年のデータだとなんと825頭が確認されており、”ライオン王国”とも言われるほど。私は、2泊の間に合計で10頭ほどのライオンを見れることができました。ドライバーさんが携帯で情報交換をしながら探しているため、目撃率はかなり高いです。
photo by travelvibes
地上最大の動物、アフリカゾウは、広大なサバンナの中にいても非常に存在感があります。マサイマラ国立保護区では確実に遭遇できると言われており、他の動物に比べて車を避けないためかなり接近して見ることができます。基本メスは群れをつくり、オスは単独行動します。可愛らしい子供のゾウに出会えることもあります。
photo by travelvibes
日本にいても動物を見たいと思えば、動物園で簡単に見ることはできます。しかし、大草原を走るキリンや、ゾウの群れの姿を間近で見ることができるのは、このサバンナならではです。そして、どんな野生動物に遭遇できるか分からないスリルもあり、チーターやヒョウなどの珍しい動物が現れた時の感動は、ここでしか得られないものだと思います。
photo by travelvibes
photo by travelvibes
保護区内にある川に行くと、そこはカバのたまり場となっています。大きく丸々としているカバたちは、日中は昼寝をしていることが多いため、思う存分観察することができます。また、川にはクロコダイルも生息しており、カバとクロコダイルがとなり同士で横になっている姿は微笑ましく思えました。
そして、マサイマラ国立保護区の名物とされているのが、“ヌーの大移動”。ライオンキングでもヌーの集団がすごい勢いで走っているシーンを見覚えある方も多いのではないでしょうか。“ヌーの大移動”が見られるのは、一年中というわけではなく、毎年7月から10月なので、その時期に訪れる観光客も多いです。命をかけたヌーたちの川渡りは、大迫力で一生忘れられない光景となることでしょう。

熱気球に乗ってバルーンサファリも。

マサイマラ国立保護区では、車でサバンナを走るサファリだけでなく、熱気球に乗って上空から雄大なサバンナを楽しむ”バルーンサファリ”ができることでも有名です。野生動物たちを上から観察することができるため、また違った姿を見ることができます。
基本的に早朝の時間帯にやるため、地平線から昇る朝日、そして空一面がオレンジ色に輝く朝焼けを見ることができるのもバルーンサファリの魅力です。普段より何倍も太陽の力を強く感じられるかもしれませんね。
この壮大なサバンナを見下ろすことで、日本で生活していては感じられない開放感を味わえます。見渡す限りの大草原に、野生動物と自分たちしかいない、という非日常すぎる体験は、一生忘れることはない素敵な思い出になること間違いありません。

こんな体験、ここでしかできない。

いかがでしたか?動物は動物園で見ればいいと考える人もいるかもしれません。しかし、雄大なサバンナで珍獣に出会えた時の喜びや、キリンやゾウたちが群れになって大草原を駆け巡る姿を目にした時の感動はここでしか味わえません。日本からは遠い旅行先ではありますが、この貴重な体験をしに、ぜひケニアの「マサイマラ国立保護区」を訪れてみてはいかがでしょうか。

詳細情報

  • Mara Triangle - Maasai Mara National Reserve, Kenya

関連するまとめ記事この記事に関連する人気まとめ記事

新着のまとめ記事編集部おすすめ!新着人気まとめ記事

キュレーター紹介このまとめ記事を書いた人

このまとめ記事に関して報告する