• [[ history.keyword ]]
    [[ history.location.name ]]
    [[ history.tag.name ]]
    [[ history.spot.name ]]
  • [[ pickupTag.name ]]
  • [[ location.fields.name ]][[ location.fields.locations ]]
  • [[ tag.fields.name ]][[ tag.fields.article_count ]]件のまとめ記事
  • [[ spot.name ]][[ spot.locations ]]
  • "[[ lastSearchKeyword ]]" で検索
行ってみたら楽しかった!飛騨高山の古い町並美術館 山下清 原画展 1枚目の画像
古い町並美術館 山下清原画展

放浪の天才画家。日本のゴッホと評され既成概念を打ち破った、新鮮な発想と構成、独特な技法と色彩感覚、少年の純真な心そのままに成人した素朴な画家がいます。身体に障害を抱えながら戦中戦後食糧難の時代を16年間(昭和15年~31年)全国各地を放浪しながら生きぬく事は、今日の我々には想像を絶する困難や苦労があったことでしょう。社会という枠にはまる事を拒み放浪しながら描いた彼の作品には、不思議と心温まる雰囲気が伝わってきます。一宿一飯のお礼に、心の赴くままに描いた旅先での作品は童画風な感性を醸し出してくれます。その絵の向こうに見えるモノクロの時代、経済優先で人間性損失の今日、時代の流れと共に置き去りにされてきた心の忘れ物をそっと届けてくれる一服の清涼感と郷愁が伝わってきます。「花」や「昆虫」、「花火」を清の瞳に映ったそのままに貼絵で描いた美の世界を心行くまでご鑑賞下さい。

  • シェア
  • はてぶ
  • あとで

この情報が含まれているまとめ記事はコチラ

放浪の天才画家として日本全国を旅しながら、花や昆虫、花火を山下清の瞳に映ったそのままに貼絵で描いた美の世界を鑑賞でき、その生涯を学ぶことができる飛騨高山の...

2017年07月10日1097アトリエ・イハナ

同じまとめ記事に含まれている画像一覧